理学部化学科・理学系化学専攻学生からのメッセージ

松尾 篤志 (化学反応学研究室)

化学専攻 修士課程 1年

私は研究者としての技量、思考を身につけることを目標として理学部への進学を決めました。高校生の頃から特に化学に対して強く関心を抱いていたため、2年生での進学振り分けの際、化学科を選択しました。

東大には化学を扱う学科がいくつかありますが、理学部化学科の、他の学科にはない最大の特長は、学問としての化学を追究できる、という点であると考えています。実用的な研究をする機会は、社会に出ても企業の研究所等において多く得られるでしょう。しかし、そのような研究は何かと制約が多く、初心研究者が進めるには難易度が高いものです。原理や機構から深く考察し、知識や手法を身につけながらじっくり基礎研究を行うことは、研究者として必要な素養であり、そこにかける時間がある学生のうちにすべきことであると私は考えます。

駒場キャンパスで学ぶ学生の間には、化学科は過酷な学科であるという風潮があります。また、英語での講義に対する抵抗もあってか、化学科への進学を躊躇う人が多いように感じます。実際、体力に自信のない私は、進学内定後、カリキュラムをこなしていけるのか不安に思っていた時期もありました。

今振り返ってみると、確かに学生実験やレポートで一時的に忙しくなることはありましたが、普段は平日でも自由に使える時間が多く、作業や勉学のやりくりは容易であったと感じています。英語での講義に関しては、講義を受け続けて英語を聞き慣れれば全く気になりません。日本人である以上、日本語で講義を受けたほうが理解しやすいのは当然ですが、化学の知識を身につけると同時に科学者として必要な英語表現の知識を蓄えることができるのは、この化学科だけの利点だと思います。

理学部化学科は世界最高レベルの研究環境と施設において、優秀な先生方、研究室のメンバー、同期の学生に支えられながら化学を追究できる場です。化学を専攻したいが、進学先に迷っている、という人は是非化学科を選択してみてはいかがでしょうか。


若林 里咲 (生物有機化学研究室)

化学専攻 修士課程 1年

好きなことに夢中で頑張れる人って、素敵だと思います。この学科には、そうやって好きな研究に打ち込む人が沢山いますし、互いに切磋琢磨し合い学んでいく環境があります。化学という学問を追究するには最適な場所です。そうは言っても、斯く言う私は何か特定の興味や関心があってこの学科に入ったわけではありません。寧ろ、自分のやりたいことを模索するために、この学科を選びました。

理学部化学科の良さを端的に表すとしたら、「広さ」と「深さ」になるでしょう。 3年生までの講義と学生実験では、有機化学、無機化学、物理化学と、化学を幅広く学びます。ここまで多岐に渡る分野を実践も交えて学べる学科は数少ないと思いますし、化学の基礎を学習する上で大変貴重な経験になります。また、様々な専門分野に興味を持った学生が集まる学科なので、友人との交流からは新たな知見が多く得られ、非常に楽しいです。さらに、英語で行われる講義を聴いたり、留学生と共に実験をしたりする機会を通して、自然と英語に慣れることができるという点も本学科の特長です。研究の場でもそれ以外でもますます英語力が必要とされる中で、日常的に英語に触れるグローバルな環境に身を置くことができるというのは、化学科の大きな魅力だと思います。

一方、4年生からは研究室に配属され、実際に研究に携わります。多様な分野を学んでいた3年生までと大きく異なり、今度は自分の研究テーマを中心に専門分野を掘り下げることで、学びを深めていきます。研究を始めたばかりの頃はわからないことだらけですが、次第に理解が進んでいく喜びは大きく、新たな疑問や興味を掻き立てられるはずです。勿論、研究が万事順調に行くとは限りませんが、深い専門知識を持った研究室の先生、先輩方がサポートしてくださるので心配は要りません。研究を通して、自分にはなかったモノの見方を得ることができると思います。

特定の興味があろうとなかろうと、この学科で本当にやりたいことを探してみてください。自分の進む方向性を無闇に狭める必要がないのが、本学科の良さです。浅く広くでも、狭く深くでもない、「広く深い」世界を、この理学部化学科に入って是非皆さんにも感じていただきたいです。これから進学する皆さんが、心惹かれる何かに出会えますように。


福本 通孝 (固体化学研究室)

化学専攻 博士課程 1年

理学部化学科での日常は、主に午前の講義、午後の学生実験、そして休み時間から構成されます。「化学」科と言えど講義内容は学際領域にまで広く亘っており、ある時は複雑な有機分子を扱っていたかと思えば、またある時は量子力学で出てくるような数式をいじっていたりします。興味を持った分野があれば、広くて綺麗な理学部化学科の図書館にふらっと行ってみるのもいいでしょう。午後の学生実験では、教養時代の実験とは一味違った雰囲気を楽しむことができます。ほぼ毎日行われる学生実験は化学科の特色ですが、そこでは本当に様々な種類の試薬・反応を扱います。数多く実験をこなしていく中で、テキスト通りに実験を進めてもうまく行かないことも多々あります。そこでテキストからはみ出て、なぜこの反応が進まなかったのか、うまく行く人と何が違うんだろう、などと考えたり議論したりするのもまた楽しいものです。講義と実験以外の休み時間はみな好き好きに過ごしています。

理学部化学科では、学科主催のソフトボール・サッカー大会が夏と冬に行われているので、それに向けて練習している人たちもいます。こういったレクリエーションを通じて、学部生から博士課程の学生、はてはスタッフまで幅広い人と知り合うことができるのは、理学部化学科の良さと言えるでしょう。

このような生活を通して、理学部化学科の学生は研究者として必要不可欠な幅広い知見、課題にぶつかっていく能力、コミュニケーション能力を徐々に身につけていきます。必要なのは少しの勇気と好奇心だけです。理学部化学科で一緒に化学をエンジョイしましょう。


花山博紀 (革新分子技術 総括寄付講座)

化学専攻 博士課程 1年

化学科を選んだのは,物理化学,無機化学,有機化学はもちろんのこと,地球化学や生物化学に至るまで最先端の研究を行う研究室が揃っていたからです.また,基礎研究から応用研究まで幅広く研究が展開しているように感じました.この特徴は,化学に興味を持っていたが何をやりたいかを絞りきれていなかった当時の自分には非常に魅力的でした.また,学部生の間に,それぞれの分野を専門としている先生から授業で学ぶことができるのは,今後の研究生活にとっても大きなアドバンテージになると考えました.

化学科では三年生までで基礎をしっかり学び,四年生で研究室に入ればすぐに一人の研究者として研鑽を積むことになります.実際,私は研究室に入ってすぐに,世界最高レベルの電子顕微鏡を自分で触って,自分で合成した分子を解析するという,ここでしかできない最先端の研究に携わることができました.このような学際的な研究は困難も伴いますが,学部時代に基礎を学んだ量子化学や有機化学の知識をさらに発展させ,研究を進めていく経験はなかなか得難く,ワクワクするものです.

なにより誰もやったことのない研究なので,自分で道を切り拓いていると実感できますし,その結果を学会などで発表して一流の研究者の先生と直接議論できる楽しさがあります.また,この電子顕微鏡を含めて各研究室の持つ最先端の装置を自由に利用できるシステムがあり,研究を進める上で自分が考えたことをすぐに実行に移せるようになっています.

他にも大学院生への様々な支援制度があり,生活費の援助だけではなく,海外訪問や企業見学に自主的に参加することができ,知見を広めるのに役立っています. 化学科はまさに自分の頑張り次第で無限に可能性を広げられる素晴らしい環境だと思います.皆さんも是非化学科で最先端の科学に挑戦してみませんか?


木村舜 (無機化学研究室)

化学専攻 博士課程 1年

皆さんは理学部化学科にどのようなイメージを持っているでしょうか。理学部は専門的過ぎて、偏っているというイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし私は寧ろ、その「幅広さ」に理学部化学科の魅力があると感じています。学部の講義や実験では、有機化学や無機化学などの基礎的な化学分野に加え、生物学や物理学との境界分野まで学ぶことができます。さらに、学部四年生からは研究室に所属し卒業研究を行うことになりますが、各研究室では基礎研究を重んじながら様々なトピックを扱っており、幅広い選択肢の中から研究テーマを選ぶことができます。

このように、分野横断的な化学の知識に根差して、チャレンジングな研究に挑戦できる理学部化学科は、化学を広く、そして深く学ぶ場として最適な場所であると感じています。是非、各研究室のウェブサイトから研究内容を覗いてみてください。理学部化学科での学びには、きっと皆さんをワクワクさせるような化学の世界が広がっていると思います。


新荘 直明

新荘 直明(化学反応学研究室)

化学専攻 修士課程 2年

理学部化学科では、理学部のグローバルサイエンスコース(GSC)の留学生の受け入れに伴って、今年度から全ての講義が英語で行われるようになりました。私は教養学部生から募集されるGSCの理学部進学生の1人として、先駆的な取り組みを始める化学科に進学しました。

講義が全て英語化することには不安もありました。授業についていけるのかという心配とともに、専門用語を最初から英語で学習することにより、逆にそれを日本語で理解する機会がなくなってしまうのではないかという懸念を感じました。しかしながら、実際に講義を受けてみると、そのような不安は払拭されました。先生方は、重要な点については日本語を交えながら繰り返し説明してくださり、また授業中・授業後の休み時間・放課後のいつでも質問に応じてくださいました。配布資料においても、専門用語には日本語と英語を併記してくださったので、日本語でも身につけることができました。結果として一つの事項を英語と日本語の両方で理解することができ、日本語のみで勉強するよりも理解が深まったように思います。

講義において英語で学んだ知識を実際に活用する機会にも恵まれました。毎日午後に行われる学生実験では、留学生と向かい合って実験台を使用することになりました。

実験はペアやグループで行われるものもあるため、留学生と情報を共有しながら実験を進める必要があります。日常会話ではなく、化学の専門的な議論を英語ですることができ、非常に良い経験となりました。留学生は私が知らない知識も豊富に持っており、議論を通して多くのことを学ぶことができました。

化学科には最先端の研究を行う教授陣、最新の研究設備がそろっており、物理化学・無機化学・有機化学・地殻化学と、化学の全領域を学ぶことができます。化学を志す者にとっては本当にすばらしい環境だと思います。もし英語という言語を障壁に感じ、化学科への進学をためらう教養学部生がいるとしたら、それは本当にもったいないことだと思います。英語が苦手だと感じている人でも、興味を持って取り組み、積極的に質問すれば、講義についていくことができます。研究を行う上では、英語の論文を読んで計画を立て、自分の研究成果を英語で発信しなければならないので、学部生のうちからその訓練を積むことができることは、将来非常に役に立つと思います。英語は苦手だけれど化学者を目指したいという人こそ、化学科で学び、大きなアドバンテージを得てみてはいかがでしょうか。


Manuel E. Otero Ramirez

Manuel E. Otero Ramirez(生物有機化学研究室)

化学専攻 博士課程 2年

Coming to a university so far away from home to start graduate school in a completely new field was very scary at the beginning, especially considering that I couldn’t speak much Japanese when I first arrived. However, I was gladly surprised to find that professors and students were very flexible, making sure that we understood the content in classes (which were taught in English), while in the laboratory everyone helped me to become used to the work and experiments, facilitating communication and also helping me learn Japanese as much as possible. Having been here for two years, I can say coming has been one of the most valuable and rewarding experiences I’ve had, going through new challenges every day, which motivate me to give the best at what I do.

Furthermore, I find that research is carried out in my lab and this department in a unique way, with my colleagues and professors contributing every day to my growth as a person and a scientist, motivating everyone to become independent and think of new ideas. I’d like to encourage everyone to follow your dreams and what you really want to do without giving up, learn from each challenge you face.


Sato

佐藤維央(有機合成化学研究室)

化学専攻 博士課程 3年
(兼)日本学術振興会特別研究員 DC1

理学部化学科での日々の研究では大変なこともありますが、先生方や研究室のメンバーと協力し、困難を乗り越えた先に待っている新たな発見や成果は格別で、とてもエキサイティングです。また、英語での講義などに不安を覚えている方もいるかもしれませんが、英語上達を目的とした授業もありますし、何より研究室での外国人研究者や留学生とのコミュニケーションを通じて、英語なんて気がつけばなんとなく出来るようになります(笑)。化学科進学を考えている皆さんもぜひこのワクワクを一緒に楽しみましょう!


Sato

遠藤健一(生物無機化学研究室)

化学専攻 博士課程 2年

なぜ化学を選んだか

化学の魅力はたくさんありますが、私が惹かれたのは原子・分子という非常に小さくて多量なものを扱うところです。自分のフラスコの中に10の23乗個の集合体が入っていて、それを化学反応で様々に操る化学は、魔法のような面白さがあります。一方で、予想外の現象もしばしば起こります。そういう時の化学は、10の-10乗メートルの世界での分子の動きを解き明かす冒険になります。このように、化学は私を常にワクワクさせてくれる学問です。

理学部化学科に入ってよかったこと

化学を学べる学部や学科は数多くありますが、なかでもこの「理学部化学科」には他にはない特徴が二つあります。一つは、「化学科」というシンプルな名称が指し示す通り、幅広い化学の領域全体を扱っているところです。学部の講義や実験では、有機化学、量子化学などの基礎的な化学分野はもちろんのこと、地球化学、生物化学といった他の分野との境界領域まで学ぶことができました。研究室も様々なテーマを扱っており、幅広い選択肢があります。理学部化学科は、化学という学問、原子・分子の世界の全貌を俯瞰できる最適な場所だと感じています。 もう一つの特徴は、理学部の一員として、基礎研究を大切にしているところです。今すぐ役に立つ物質を作り出すのも化学の役目ではありますが、それと同時に、遠い将来の科学の発展につながるであろう原理の探究も大事なことです。この精神が、私にとって理学部化学科を選ぶ決め手となりました。まずは、各研究室のウェブサイトから研究内容を見てみてはいかがでしょうか。