理学部化学科・理学系研究科化学専攻長の挨拶

化学科・化学専攻を目指すみなさん

理学部化学科・理学系研究科化学専攻長 小林 修

理学部化学科・理学系研究科化学専攻は、自然の理(ことわり)を化学の視点から明らかにしたいという知的好奇心にあふれた学生が集い、将来の化学研究や化学技術の発展を牽引する人材としてアカデミアや社会へと羽ばたいていく場所です。

理学部化学科・理学系研究科化学専攻の学生は、これまで150年以上の歴史を経て育まれた体系的な講義と実験実習を通して、「Central Science」としての化学の視点を身につけ、将来より専門的な化学を学ぶための基礎学力を養うことができます。

卒業後に大部分の学部生は大学院に進学し、世界トップレベルの充実した環境で先導的な研究を進めながら、課題設定の能力と解決力、分野横断的な広い視点を身につけていきます。大学院での研究成果は、学術の発展と深化に直接貢献するだけでなく、革新的な実用へと繋がる場合も少なくありません。

また、国際的な感覚をもったリーダーの育成に力を入れていることも、化学科の教育の大きな特徴です。ネイティブ講師による英語での発表や議論実習に加え、海外からの留学生と一緒に学部のすべての講義を英語で受けられる環境を国内で初めて用意しました。

理学部化学科・理学系研究科化学専攻では、化学が好きという気持ちに突き動かされて研究に励んでいる教員と学生が、皆さんと一緒に感動を共有できることを待っています。