concept image

菅研究室の哲学

当研究室では、有機化学の考え方と技術を生物学に取り入れることにより、
これまで解決が困難であった研究課題に挑戦しています。
また、サイエンス(科学)とテクノロジー(科学技術)のバランス良い研究を推進することで、
新しい概念を築くような科学的知見の獲得、汎用性の高いバイオテクノロジーの開発、
そして創薬にまで繋がるような奥行きのある研究をしています。
さらに、切磋琢磨できる研究環境をつくり、独創的で国際感覚に溢れた人材の育成を目指しています。

Lab News

2016年11月:
菅教授が日本イノベーター大賞2016特別賞を受賞しました!おめでとうございます!→リンク
2016年11月:
Jongkeesさんの糖修飾環状ペプチド合成の論文がChemical Scienceに掲載されました!→リンク
2016年10月:
後藤准教授がペプチド奨励賞を受賞しました!おめでとうございます!
2016年10月:
第53回ペプチド討論会において、M2の吉兼君がポスター賞を受賞しました!おめでとうございます!→写真はこちら
2016年10月:
菅教授がMax Bergmann-Medalを授与されました!おめでとうございます!
2016年10月:
後藤准教授のPatDの基質許容性に関する論文がChemistry Lettersに掲載され、Editor's choiceに選ばれました!→リンク
2016年8月:
第48回若手ペプチド夏の勉強会における研究室紹介発表で、最高賞である「ベストクレイジー賞」を受賞しました。おめでとう!→写真はこちら
2016年8月:
M2のOteroくんが第48回若手ペプチド夏の勉強会で優秀ポスター発表賞を受賞しました。おめでとう!→写真はこちら
2016年7月:
化学専攻のソフトボール大会で見事優勝しました!→写真はこちら
2016年7月:
D3の岩根くんが創薬懇話会2016でポスター賞を受賞しました。おめでとう!
2016年6月:
D3の岩根くんが第30回独創性を拓く先端技術大賞で文部科学大臣賞を受賞しました。おめでとう!→リンク
2016年5月:
3月に行われた日本化学会春季年会で、D3の西尾くんが学生講演賞を受賞しました。おめでとう!
2016年5月:
加藤助教のtRNAPro上のEF-P認識モチーフに関する論文がNature Communicationsに掲載されました!→リンク
2016年5月:
二井さん(過去メンバー)のtRNA除去技術の論文がMethodsに掲載されました!→リンク
併せて、英語論文のページに共同研究の論文を追加しました
2016年4月:
菅教授の読売テクノ・フォーラムのゴールド・メダル賞を受賞式が行われました!おめでとうございます!→写真はこちら
2016年4月:
研究員の広瀬さんが日本学術振興会特別研究員(PD)に、研究員のMainiさんが外国人特別研究員に、博士課程の石田くん・小澤くんが特別研究員(DC1)にそれぞれ採用されました。おめでとう!
2016年4月:
研究員1人・修士課程2人・学部生5人が新メンバーとして加入しました!
2016年3月:
修士課程修了の石田君が理学系研究奨励賞を、学士卒業の竹植君が理学部化学科長賞を、それぞれ受賞しました!おめでとうございます!
2016年3月:
博士課程の森岡さん、修士課程の橋本君・秀島君が研究室を巣立っていきました!新天地での活躍を期待しています。
2016年3月:
菅教授が読売テクノ・フォーラムのゴールド・メダル賞を受賞しました!おめでとうございます!→リンク
2016年3月:
加藤保治くんが日本化学会第96春季年会で予定している講演が、年会ハイライト講演に選ばれました! また、この内容が日経バイオテクで紹介されました。→リンク
2016年2月:
岩根くんのコドンボックス人工分割の論文がNature Chemistryに掲載されました!→リンク
併せて、英語論文のページに共同研究の論文を2件追加しました
2016年1月:
後藤助教が8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciencesにてExcellent Poster Awardを受賞しました!
2015年12月:
岩崎くん(卒業生)のEpCAM蛍光リガンドの論文がJournal of Molecular EvolutionのIn Vitro Selection特別号に掲載されました!→リンク。併せて、英語論文のページに共同研究の論文及びReviewを2件追加しました
2015年秋:
研究員の吉冨さん・Geiermannさん、修士課程のXu君が無事研究室を巣立っていきました!新天地での活躍を期待しています。
2015年9月:
Obexerさんが日本学術振興会の外国人特別研究員に採用されました!
2015年8月:
Bashiruddinさん・長野さんの三環式ペプチド合成の論文がBioorganic Chemistryに掲載されました!→リンク。併せて、英語論文のページに共同研究の論文及びReviewを3件追加しました
2015年8月:
8/9-11に開催された第47回若手ペプチド夏の勉強会において、M1の吉兼君が優秀ポスター発表賞を受賞しました!おめでとう!
2015年4月:
菅教授が文部科学大臣表彰 科学技術賞を共同受賞しました!→リンク
おめでとうございます!
2015年4月:
加藤保治君が日本学術振興会特別研究員(DC2)に採用されました。おめでとう!
2015年4月:
研究員3人・修士課程3人・学部生5人が新メンバーとして加入しました!
2015年3月:
博士課程修了の寺坂君が理学系研究奨励賞を、学士卒業の吉兼君が理学部化学科長賞を、それぞれ受賞しました!おめでとうございます!
2015年3月:
研究員の樋口さん・Hipolitoさん・Luさん、博士課程の寺坂君、修士課程の宮地君・森君・横須賀君・渡辺君が無事研究室を巣立っていきました!新天地での活躍を期待しています。
2015年3月:
伊藤くん(卒業生)らの人工cMetアゴニストの論文がNature Communicationsに掲載されました!→リンク
2015年3月:
日本語総説・著書のページを更新しました。また、英語論文のページにも最新の論文を2件追加しました→リンク
2014年12月:
鳥飼さん(過去メンバー)の両親媒性ペプチド合成の論文がJACSに掲載されました!→リンク
2014年10月:
菅教授がAkabori Memorial Award2014を受賞しました!→リンク
第51回ペプチド討論会にて受賞講演及び授賞式が行われました。
2014年10月:
イリノイ大Gerlt研との共同研究の成果が、Proc. Natl. Acad. Sci. USA誌に掲載されました!→リンク
2014年10月:
加藤助教の研究課題がJST戦略的創造研究推進事業(さきがけ)「分子技術と新機能創出」領域に採択されました!→リンク
2014年10月:
石田君(M1)がALPSコース生に、小澤君(M1)がMERITコース生に、それぞれ採用されました。おめでとう!
2014年9月:
9/21-25に開催された25th tRNA conferenceにおいて、D3の寺坂君がSidney Altman Endowment Travel Awardを受賞しました!おめでとう!
2014年8月:
8/3-5に開催された第46回若手ペプチド夏の勉強会において、
M1の石田君が一般講演部門 優秀賞を、
D1の西尾君がポスター発表部門 優秀賞を、
それぞれ受賞しました!おめでとう!
2014年7月:
B4の吉兼君が、7/31に開催された第6回 AEC, BAEC-I&II Summer ICE Seminarにおいて、ICE Seminar Best Poster賞を受賞しました!
おめでとう!
2014年5月:
寺坂君(D3)・林さん(現岡本研助教)の人工翻訳システムの論文がNature Chemical Biologyに掲載されました!→リンク。プレスリリースはこちら
2014年5月:
伊藤さん(卒業生)らのアゾリンペプチドの簡便生合成法の論文がChemistry & Biologyに掲載されました!→リンク
2014年4月:
Loikさんが日本学術振興会外国人特別研究員に、岩根君・西尾君が日本学術振興会特別研究員(DC1)に、加藤保治君がsunbor scholarに、それぞれ採用されました。おめでとう!
2014年4月:
Passiouraさんがグローバルサイエンスコース担当特任助教に昇任しました!
2014年4月:
修士課程1人・学部生4人が新メンバーとして加入しました!
2014年3月:
博士課程の伊藤君、修士課程の井関さん・石橋君・小嶋君・角田君・村上君、学部生のChangさん・江藤君が無事研究室を巣立っていきました!新天地での活躍を期待しています。
2013年12月:
化学専攻のサッカー大会で見事優勝しました!連覇達成です!→写真はこちら
2013年11月:
山口君(D1)が、第3回CSJ化学フェスタ2013において優秀ポスター賞を受賞しました!
2013年11月:
後藤助教がAPIPS2013にてExcellent Stone Awardを受賞しました!
2013年10月:
岩根君(M2)及び伊藤君(D3)が、9th International Symposium on Aminoacyl-tRNA Synthetases (AARS2013)においてポスター賞を受賞しました!
2013年10月:
二重遺伝暗号に関する論文がACS Chemical Biologyに掲載されました!→リンク
2013年9月:
後藤助教が生体機能関連部会講演賞を受賞しました!
2013年9月:
木村君(M1)がMERITコース生に、Songさん(M2)がALPSコース生に、それぞれ採用されました。おめでとう!
2013年8月:
MATE結合ペプチドに関する論文(ポスドクのHipolitoさん)がMoleculesに掲載されました!→リンク
2013年8月:
寺坂君(D2)が、7月に開催された第15回日本RNA学会年会において優秀賞を受賞しました!→リンク
おめでとう!
2013年7月:
7/28-30に開催された第45回若手ペプチド夏の勉強会において、
M2の加藤保治君が一般講演部門 最優秀賞を、
M2の高辻諒君がポスター発表部門 優秀賞を、
それぞれ受賞しました!玉☆爆Tシャツゲットおめでとう!
2013年7月:
加藤助教が科学技術振興機構のライジングスター賞を受賞しました!
2013年7月:
化学専攻のソフトボール大会で見事優勝しました!→写真はこちら
次は冬のサッカー大会、二冠目指してがんばりましょう!
2013年5月:
菅研が東大に発足後10周年を迎えたことを記念して、同窓会を開催しました!
80名を超える卒業生・関係者の皆さんが集まり、楽しい会になりました。→写真はこちら
2013年4月:
3月に行われた日本化学会において、後藤助教が優秀講演賞(学術)を受賞しました!
2013年4月:
後藤助教が文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました!→リンク
2013年4月:
長野さん・吉冨さんが日本学術振興会の特別研究員(PD)に採用されました!
2013年4月:
今年度の新メンバーが加入しました。
ポスドク・学生あわせて8人が加わり、また賑やかになります!
2013年3月:
博士課程の飯田君・下舞君・Shamimが無事研究室を巣立っていきました!
新天地での活躍を祈っています!
2013年3月:
菅教授が日本化学会 学術賞を受賞しました!→リンク
第93春季年会にて受賞講演及び授賞式が行われました。
2013年2月:
ポスドクのHipolitoさんの論文がNatureに受理されました!濡木研との共同研究の成果です。→リンク
2013年1月:
ポスドクの長野さんが有機合成化学協会 研究企画賞を受賞しました。おめでとう!→リンク
2012年12月:
SFC(Suga lab football club)が化学専攻のサッカー大会で見事優勝しました!→写真はこちら
春のソフトボール大会もがんばりましょう!
2012年9月:
D2の伊藤君が9/5に開催された生体機能関連化学部会第27回若手フォーラムにおいて、ポスター賞を受賞しました。おめでとう!
2012年1月:
我々の研究がNature publishing groupのSciBXで紹介されています→リンクはこちら or こちら
2012年6月:
M1の井関さんが6/8に開催された新規素材探索研究会第11回セミナーにおいて、新規素材探索奨励賞を受賞しました。おめでとう!
2012年5月:
ポスドクの林さん・柴田さんが菅研を巣立っていきました。
新しい職場での活躍を願っています!
2012年4月:
3月に行われた日本化学会において、森本君が学生講演賞を受賞しました。おめでとう!
2012年4月:
林剛介さんが日本学術振興会の海外特別研究員採用されました!アメリカでの素晴らしい研究成果を期待しています。
2012年4月:
藤田さんが日本学術振興会の特別研究員(PD)に、寺坂君が特別研究員(DC1)にそれぞれ採用されました!
2012年4月:
今年度の新メンバーが加入しました。ポスドク2人・博士課程1人・修士課程4人・学部生4人が加わり、また賑やかになります!
2012年3月:
ポスドクの二井さん・Mengさん、博士課程の五十嵐さん・岩崎君・森本君、修士課程の伊藤さんが無事研究室を巣立っていきました!
長い間どうもありがとうございました。これからも新天地で頑張って下さい。
2012年3月:
日本化学会第92春季年会のATPセッションにおいて、森本君が注目ポスター賞を受賞しました。おめでとう!
2012年3月:
D3岩崎君の翻訳ペプチドのチオエーテル環化の論文がOrganic & Biomolecular Chemistryに掲載決定!
OBCの10周年記念号に掲載予定です。 →リンク
"Selective thioether macrocyclization of peptides having the N-terminal 2-chloroacetyl group and competing two or three cysteine residues in translation"
2012年2月:
D3森本君のsirtuinの阻害剤の論文がAngewandte Chemie International Editionに掲載決定! →リンク
"Discovery of Macrocyclic Peptides Armed with a Mechanism-Based Warhead: Isoform-Selective Inhibition of Human Deacetylase SIRT2"
2012年2月:
卒業生の進路に関するページを追加しました。→リンク
2012年1月:
選択的Akt2阻害ペプチドの論文がACS Chemical Biologyに掲載決定! →リンク
"In Vitro Selection of Anti-Akt2 Thioether-Macrocyclic Peptides Leading to Isoform-Selective Inhibitors" …林勇樹
2011年12月:
後藤助教の研究課題がJST戦略的創造研究推進事業(さきがけ)「細胞機能の構成的な理解と制御」領域に採択されました!
『人工二次代謝産物』の創成を目指して研究を推進していきます。→リンク
2011年11月:
特殊ペプチドの試験管内人工進化の論文がChemistry&Biology誌に掲載決定! →12月号に掲載
"Natural product-like macrocyclic N-methyl-peptide inhibitors against a ubiquitin ligase uncovered from a ribosome-expressed de novo library" …山岸祐介
Nature publishing groupのSciBXからインタビューを受けました。近日中に記事が掲載されます。
2011年11月:
岩根君が全国国公立大学空手道選手権大会にて団体優勝!
優秀選手賞も受賞したそうです。おめでとう!
2011年11月:
Hipolitoさんが日本学術振興会の外国人特別研究員に採用されました!
2011年9月:
菅教授が産学官連携功労者表彰 日本学術会議会長賞を受賞しました! →リンク
"創薬プラットフォーム技術「RAPIDシステム」の実用化"…ぺプチドリーム株式会社との共同受賞
2011年8月:
Proc. Natl. Acad. Sci. USA誌に論文掲載決定! →リンク
"Apolar surface area determines the efficiency of translocon-mediated membrane-protein integration into the endoplasmic reticulum" …樋口岳、von Heijne研との共同研究
2011年5月:
Nature Protocols に掲載決定! →リンク
"Flexizymes for genetic code reprogramming" …後藤佑樹、加藤敬行
2011年5月:
ChemBioChem に掲載決定! →リンク
"Ribosomal Synthesis of Backbone-Macrocyclic Peptides Containing γ-Amino Acids" …大城幸紀、中島永二、後藤佑樹
表紙にも選ばれました!
2011年4月:
伊藤君が日本学術振興会の特別研究員(DC1)に採用されました!
2011年1月:
Angewandte Chemie International Edition に掲載決定! →リンク
"Synthesis of the Backbone Cyclic Peptide Sunflower Trypsin Inhibitor-1 Promoted by the Induced Peptidyl-tRNA Drop-off" …T.-J. Kang、林勇樹
2010年12月:
第五回国際ペプチドシンポジウム in 京都
オーラルプレゼン賞受賞…山岸祐介(3年連続で菅研獲得!)
ポスター賞受賞…林勇樹、大城幸紀、森本淳平の3人が受賞
2010年9月:
日本化学会生体機能関連化学部会 第25回若手フォーラム ポスター賞受賞…森本淳平