We use protein engineering to invent new tools for imaging dynamic biochemical events in live cells and tissues. We distribute these tools to cell biologists and neuroscientists who apply them to address questions ranging from fundamental mechanisms in cell biology, to the underlying causes of mental illness, to the development of novel therapeutics.

 

キャンベル研究室ではタンパク質工学を活用し、生細胞や生体組織で起こるダイナミックな生化学反応を可視化する新たなツールを開発しています。私たちはこれらのツールを世界中の細胞生物学者や神経生物学者に配布することで、細胞の基本原理の探求から精神疾患の原因解明、新規治療法の開発に至る多様な研究を支えています。

 

The molecules that make our work possible are colourful naturally occurring fluorescent proteins from jellyfish, coral, and other marine organisms. Starting from the gene for a fluorescent protein, we use the techniques of molecular biology, protein engineering, and artificial molecular evolution to create useful research tools. Since these tools are protein based, the instructions to make them can be easily introduced into cells, tissues, or even transgenic model organisms, in the form of DNA.

私たちの研究を可能にしているのは、クラゲやサンゴなど自然界に存在する多種多様な蛍光タンパク質です。蛍光タンパク質の遺伝子を基に、分子生物学やタンパク質工学、人工分子進化の技術によって有用な研究ツールを作ることができます。これらのツールはタンパク質でできているため、細胞や組織、モデル生物にDNAとして導入すれば簡単に作らせて使うことが可能です。

News / ニュース

Fu is accepted for SPRING GX

Our Ph.D. student CHAI Fu is accepted in SPRING GX program. Congratulations, Fu!

博士課程1年の柴 富さんがSPRING GXプログラムに採用されました。おめでとうございます!

New members join our lab

Two Master’s student (Amanda and Michael) joined the Campbell lab from October. Hope to see you soon in Tokyo.

10月から修士課程2名(Nguyenさん、Changさん)が研究室に加わりました。

Peter and Fu get Master’s degree

Congratulations Peter and Fu for their Master’s degrees! Higher resolution image is here .

Peter WOJNICKIさんと柴富さんが修士号を取得しました。高解像度ファイルはこちら

New members join our lab

One Master’s student (Takumi K.) and three undergrad. students (Keonhwa, Shiori, and Takumi Y.) joined Campbell lab on April 1.

4月から修士課程1名(小林さん)、卒業研究生3名(劉さん、竹内さん、柳町さん)が研究室に加わりました。

Social / ソーシャルメディア