遠藤 瑞己(えんどう みずき)

E-mail
endo[at]chem.s.u-tokyo.ac.jp
居室
理学部化学東館0217(学内地図
電話
03-5841-4498 (内線: 24498)
略歴
平成23年
東京大学理学部化学科卒業
平成25年
東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了
平成25年
日本学術振興会特別研究員(DC1)
平成27年
Manchester大学派遣(Herbert研究室)
平成28年
東京大学大学院理学系研究科化学専攻博士課程修了(博士(理学))
平成28年
東京大学フォトンサイエンス・リーディング大学院修了
平成28年
東京大学大学院理学系研究科化学専攻 特任研究員
平成29年
イリノイ大学アーバナシャンペーン校 博士研究員
平成30年
東京大学大学院理学系研究科化学専攻 特任研究員
受賞等
2013年
東京大学理学系研究科研究奨励賞(修士)
2014年
日本化学会学生講演賞
2017年
日本化学会 第97回春季年会 優秀講演賞(学術)
専門
  • 光遺伝学
  • 分子生物学
主な研究テーマ
  • 光制御プローブの開発と応用
主な論文
  • Photocleavable Cadherin Inhibits Cell-to-cell Mechanotransduction by Light.
    M. Endo, T. Iwawaki, H. Yoshimura, and T. Ozawa,
    ACS Chem. Biol., 14, 2206-2214 (2019). doi:10.1021/acschembio.9b00460
  • A Detection Method for GLUT4 Exocytosis Based on Spontaneous Split Luciferase Complementation.
    M. Endo, M. Miyasaki, Q. Li, G. Kawamura, T. Ozawa
    Anal. Sci. 35(8), 835-838 (2019). doi: 10.2116/analsci.19C003.
  • A genetic screen to discover SUMOylated proteins in living mammalian cells.
    M. Komiya, A. Ito, M. Endo, D. Hiruma, M. Hattori, H. Saitoh, M. Yoshida, and T. Ozawa,
    Sci. Rep., 7, 17443 (2017).
  • Optogenetic activation of axon guidance receptors controls direction of neurite outgrowth.
    M. Endo, M. Hattori, H. Toriyabe, H. Ohno, H. Kamiguchi, Y. Iino, T. Ozawa
    Sci. Rep., 6, 23976 (2016).
著書・総説
  • Functional Modulation of Receptor Proteins on Cellular Interface with Optogenetic System.
    M. Endo and T. Ozawa,
    Adv. Exp. Med. Biol. 1293, 247-263 (2021).
  • A Genetic Screening Method for Mammalian SUMOylated Proteins Using Split Fluorescence Protein Reconstitution
    Maki Komiya, Mizuki Endo, Takeaki Ozawa,
    SUMOylation and Ubiquitination: Current and Emerging Concepts, Caister Academic Press, pp123–134 (2019).
  • 受容体タンパク質活性の制御
    遠藤瑞己,
    Clinical Neuroscience (月刊 臨床神経科学), 中外医学社, 第36巻,第8号,pp939–942 (2018).
  • Strategies for development of optogenetic systems and their applications.
    M. Endo and T. Ozawa,
    J. Photochem. Photobiol. 30, 10-23 (2017).