Hasegawa Group Hasegawa Group
日本語 / English

2005年学会発表

日本物理学会 第60回年次大会 (東京理科大学 野田キャンパス, 3月)

タイトル 発表者
Bi2212の低温磁場下STM/STS測定 福尾則学, 眞嶋秀樹, 木野田剛A, 一杉太郎B, 島田敏宏B, 清水圭輔C, 下山淳一C, 岸尾光二C, 松本祐司, 長谷川哲也B
東工大フロンティア, 神奈川技術アカデミーA, 東大院理B, 東大院工C
オーバードープBi2201単結晶の低温STM/STS観測 眞嶋秀樹A, 福尾則学A, 木野田剛B, 一杉太郎C, 島田敏宏C, 近藤猛D, 生田博志D, 松本 祐司A, 長谷川哲也B,C
東工大フロンティアA , 神奈川科学技術アカデミーB, 東大院理C, 名大工D

top

2005年春季 第52回 応用物理学会学術講演会 (埼玉大学, 3月)

タイトル 発表者
FeおよびNbを共添加したアナターゼ型TiO2薄膜の強磁性発現 稲葉和久1,2, 一杉太郎2,3, 古林寛2, 木野田剛2, 廣瀬靖2, 山本幸生2, 松本祐司1, 鯉沼秀臣4, 福村知昭5, 川崎雅司5, 島田敏宏2,3, 長谷川哲也2,3
東工大フロンティア1, 神奈川科学技術アカデミー2, 東大院理3, 東工大応セラ研4, 東北大金研5
アナターゼ型Ta:TiO2エピタキシャル薄膜の透明電気伝導性 ○一杉太郎1,2, 古林寛2, 植田敦希1, 板橋欣之介3, 稲葉和久2,4, 山本幸生2, 島田敏宏1,2, 長谷川哲也1,2
東大・理1, 神奈川科学技術アカデミー2, 工学院大学3, 東工大応セラ研4
ペンタセンの水素終端化Si(111)上エピタキシャル成長 ○島田敏宏1, 能川玄之1, 市川央1, 長谷川哲也1, 岡田隆介1, 上野啓司2, 斉木幸一朗3
東大・理1, 埼玉大・理2, 東大・新領域3
偏光励起によるAlq3薄膜配向成長の機構 市川央1, 斉木幸一朗2, ○島田敏宏1, 鈴木維允1, 長谷川哲也1
東大・理1, 東大・新領域2
ルチル型Ti1-xCoxO2薄膜の磁気光学スペクトルに対する多重反射光の影響 廣瀬靖1, 一杉太郎1,2, 古林寛1, 木野田剛1, 山本幸生1, 稲葉和久1,3, 島田敏宏1,2, 長谷川哲也1,2
神奈川科学技術アカデミー1, 東大・理2, 東工大フロンティア3
透明伝導体アナターゼNb:TiO2の輸送現象 古林寛1, 山本幸生1, 一杉太郎1,2, 廣瀬靖1, 長谷川哲也1,2
神奈川科学技術アカデミー1, 東大・理2
Co及びNbを共添加したアナターゼTiO2薄膜の磁気光学効果 木野田剛1, 廣瀬靖1, 古林寛1, 山本幸生1, 稲葉和久1,2, 一杉太郎1,3, 島田敏宏1,3, 長谷川哲也1,3
神奈川科学技術アカデミー1, 東工大フロンティア2, 東大理3

top

4th International Symposium on Transparent Oxide Thin Films for Electronics and Optics (TOEO-4), Shonan Village Center, Tokyo BIG SIGHT, Tokyo, Japan, April 7-8, 2005, 2件

講演番号 講演題目/著者/所属
P51 Transparent oxide electronics based on titanium dioxide
Y. Matsumoto 1,2,*), M. Katayama 1,2), S. Ikesaka 3), J. Kuwano 3), Y. Yamamoto 1,4), T. Hasegawa 5) and H. Koinuma 1,2)
1) Tokyo Institute of Technology, 2) CREST / Japan Science & Technology corporation, 3) Tokyo University of Science, 4) Asahi Glass Co. LTD., 5) University of Tokyo
P52 The novel transparent conducting oxide: Anatase-Ti1-xNbxO2
Y. Furubayashi 1,*), T. Hitosugi 1,2), Y. Yamamoto 1), Y. Hirose 1), G. Kinoda 1), K. Inaba 1,3), T. Shimada 1,2) and T. Hasegawa 1,2)
1) Kanagawa Academy of Science & Technology, 2) University of Tokyo, 3) Tokyo Institute of Technology

24th International Conference on Low Temperature Physics (Florida, 8月)

タイトル 発表者
Development of UHV-LT-MFM Operating Under Magnetic Field Hidetaka Sugaya1, Taro Hitosugi2, Toshihiro Shimada2, Toshihiko Nagamura3, Yuji Matsumoto1, Tetsuya Hasegawa2
1MSL, Tokyo Institute of Technology, 2Department of Chemistry, University of Tokyo, 3UNISOKU Co., Ltd
Scanning Tunneling microscopy/spectroscopy of heavily overdoped Bi2Sr2CuOy single crystals Hideki Mashimaa, Noritaka Fukuoa, Go Kinodab, Taro Hitosugic, Toshihiro Shimadac, Takeshi Kondod, Hiroshi Ikutad, Yuji Matsumotoa, Tetsuya Hasegawac
aFCRC, Tokyo Institute of Technology, bKanagawa Academy of Science and Technology, cDepartment of Chemistry, University of Tokyo, dDept. Crystalline Materials Science, Nagoya University
Correlation between vortex distribution and electronic inhomogeneity in Bi2Sr2CaCu2O8+δ as probed by STM/STS Noritaka Fukuoa, Hideki Mashimaa, Go Kinodab, Taro Hitosugic, Toshihiro Shimadac, Keisuke Shimizud, Jun-ichi Shimoyamad, Kohji Kishiod, Yuji Matsumotoa, and Tetsuya Hasegawac
aFCRC, Tokyo Institute of Technology, bKanagawa Academy of Science and Technology, cDepartment of Chemistry, University of Tokyo, dDepartment of Superconductivity, University of Tokyo

top

6th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology (Hawaii, 9月)

タイトル 発表者
Low Temperature Study of Structural Relaxations of Atomic Wires Fabricated on Hydrogen-Terminated Si(100)-2×1 surfaces T. Hitosugi1, S. Heike2, T. Hashizume2
1Department of Chemistry, The University of Tokyo, 2Advanced Research Laboratory, Hitachi, LTD.
High-throughput Characterization of Superconducting NCBCO Thin Film by Variable-Temperature Scanning Microwave Microscope S. Okazaki1, N. Okazaki2, S. Yaginuma3, R. Takahashi3, Y. Mastumoto3, H. Koinuma2,3, T. Hasegawa1,4
Tokyo Univ.1, NIMS2, Tokyo Inst. of Tech.3, KAST4

top

2005年秋季 第66回 応用物理学会学術講演会 (徳島大学 常三島キャンパス, 9月)

タイトル 発表者
GaN上へのルチルTiO2薄膜のヘテロエピタキシャル成長 一杉太郎1,2, 廣瀬靖2, 笠井淳平2, 古林寛2, 大谷亮2, 島田敏宏1,2, 長谷川哲也1,2
東大・理1, KAST2
Ti0.95-XCo0.05NbxO2強磁性体のキャリア量制御 一杉太郎1,2, 山本幸生1, 木野田剛1, 廣瀬靖1, 古林寛1, 島田敏宏1,2, 長谷川哲也1,2
KAST1, 東大・理2
FeおよびNbを共添加したアナターゼ型TiO2強磁性薄膜のキャリア輸送特性 稲葉和久1,2, 一杉太郎2,3, 古林寛2, 木野田剛2, 廣瀬靖2, 山本幸生2, 松本祐司1, 島田敏宏2,3, 長谷川哲也2,3
東工大応セラ研1, 神奈川科学技術アカデミー2, 東大院理3
Alq3薄膜のエレクトロマイグレーション 鈴木維允、島田敏宏、長谷川哲也
東大・理
遷移金属/有機半導体/酸化物磁性体ヘテロ構造を用いた有機スピントロ二クスの探求 能川玄之1, 島田敏宏1,2, 植田敦希1, 廣瀬靖2, 山本幸生2, 稲葉和久2, 大谷亮2, 古林寛2, 一杉太郎1,2, 長谷川哲也1,2
東大理1, KAST2

top

日本物理学会 2005年秋季大会 (同志社大学 京田辺キャンパス, 9月)

タイトル 発表者
バッキーフェロセンエピタキシャル膜の低温STM観察 島田敏宏1, 嘉治寿彦1, 斉木幸一郎1,2, 松尾豊3, 中村栄一1,3, 村中伸滋1, 福尾則学4, 眞嶋秀樹4, 一杉太郎1, 長谷川哲也1
東大理1, 東大新領域2, ERATO3, 東工大4
Bi2212の低温磁場下STM/STS観察Ⅱ 福尾則学1, 眞嶋秀樹1, 一杉太郎2, 島田敏宏2, 内田智史3, 下山淳一3, 岸尾光二3, 松本祐司1, 長谷川哲也2
東工大フロンティア1, 東大院理2, 東大院工3
走査型トンネル顕微鏡によるC60薄膜の局所物性評価 村中伸滋1, 一杉太郎1,2, 眞嶋秀樹3, 福尾則学3, 島田敏宏1,2, 長谷川哲也1,2
東大院理1, 神奈川科学技術アカデミー(KAST)2, 東工大フロンティア3

top

50th Magnetism and Magnetic Materials Conference

タイトル 発表者
Carrier induced ferromagnetism in Nb doped Co:TiO2 and Fe:TiO2 epitaxitial thin film Hitosugi Taro1,2, Kinoda Go2, Yamamoto Yukio2, Furubayashi Yutaka2, Inaba Kazuhisa2,3, Hirose Yasushi2, Shimada Toshihiro1,2, Hasegawa Tetsuya1,2
Dept. of Chemistry, University of Tokyo1, KAST2, Materials and Structures Laboratory, Tokyo Institute of Technology3

top

2005 MRS Fall Meeting

タイトル 発表者
Carrier controlled ferromagnetism in Anatase Co doped TiO2 Hitosugi Taro1,2, Kinoda Go2, Yamamoto Yukio2, Hirose Yasushi2, Furubayashi Yutaka2, Inaba Kazuhisa2,3, Shimada Toshihiro1,2, Hasegawa Tetsuya1,2
Dept. of Chemistry, University of Tokyo1, KAST2, Materials and Structures Laboratory, Tokyo Institute of Technology3
A new transparent conductor anatase Ti1-xNbxO2: transport and optical properties Yutaka Furubayashi1, Taro Hitosugi1,2, Yukio Yamamoto1, Yasushi Hirose1, Makoto Otani1, Kazuhisa Inaba1,3, Toshihiro Shimada1,2, and Tetsuya Hasegawa1,2
KAST1,, Department of Chemistry, University of Tokyo2, Materials and Structures Laboratory, Tokyo Institute of Technology3
Development of high-throughput terahertz time-domain spectroscopy system and its application to combinatorial samples M. Ohtani1, Y. Hirose1, T. Hitosugi1,2, Y. Furubayashi1, T. Shimada1,2, and T. Hasegawa1,2
KAST1, Department of Chemistry, University of Tokyo2

Pacifichem 2005

top