理事長ご挨拶
                                     
                                        大木道則
                                    東京大学名誉教授
                                  岡山理科大学客員教授
                                 元日本科学教育学会会長


  今日は、私たちの特定非営利活動法人[科学技術振興のための教育改革支援計画]、略称[理科教育改革支援]または[SSISS]のホームページを訪問していただきましてありがとうございます。私たちは、現在のままでは、科学技術研究の後継者確保も困難となり、科学技術の支援者を十分に獲得することも困難であるという視点から、学校教育改革のお手伝いをし、必要に応じて市民の皆さんにも語りかけたり、科学技術に関係した問題の、時宜に応じた解説を行い、市民の方々の科学技術に対する理解を深めていただくような活動を行うことを目的として、特定非営利活動法人を作ろうとするものです。

 私たちの基本的な理科教育改革理念は、現在の学校理科教育では、子供は常に受動的で、先生から新しいことを「教わる」ことに終始していますが、これを「なぜ」という質問を発し、「どうしたらそれが解けるか」を主体的に考えて行動する理科にすれば、疑問が解けたときに達成感と感動を覚え、きっと理科が好きになってくれるということです。理科好きな子供を増やしたいとお考えの学校の先生からご希望があれば、私たちはいつでもお伺いして、どうしたら「なぜ」に答える教育ができるのか発見のためのお手伝いができます。このような理科を展開することによって、科学技術の後継者のみならず、科学技術の支持者拡大にも寄与できると信ずるものです。

 上記の目的を達成するため、私たちは次の活動をします。

@.小学校5年生以上の理科教育について要請がある場合に、学校に研究者を派遣して、子供たちが抱く「なぜ」という疑問に答えるための活動を示唆したり、考え方の指導をして、「なぜ」の疑問が解けて子供たちが達成感と満足感が味わえるような理科にすることを支援します。私たちは、子供たちが「なぜ」に挑戦し解決していく子供たちの活動を「研究」と呼びます。なお、「研究」は講師の1回だけの訪問では解決しないことが多いと思われますので、解決するまで、講師の指導は何回も続けられます。
A.中学校および高等学校では、学年に関係なく、ご希望があれば、研究者を派遣して、「考える」ことを重視する理科の実現を目指します。
B.「研究」の成果があがるようになったら、それらを一堂に集めて発表する夏の学校を開催します。この経験は子供たちに発表する能力をつけるとともに、他の同じ年齢の子供の発表に刺激を受け、また自分の「研究」に対するヒントを得る機会となるでしょう。
C.要請があれば、科学者を講師として派遣し、市民の方々に科学および科学技術について正しい認識とご理解をいただけるような啓発をしたり、インターネットを通して、時宜に応じた解説を行います、

学校における理科教育を改革して、理科好きの子供たちを作りたいのだけれど、適当な講師が欲しい、あるいは講演会を開いて科学および科学技術に関する市民の啓発を行いたいのだけれど、適当な講師が見つからないといった悩みをお持ちの方は、ぜひ、下記のいずれかで、私たちにご連絡下さい。私たちは60名以上の研究者のプールをもっていますので、きっと、ご希望に最適の科学研究者をご紹介できると思います。


〒171-0021東京都豊島区西池袋5-16-5

立教池袋中学校・高等学校内 NPO理科教育改革支援

電話090-2674-5787

ファックス03-3971-4930


SSISS トップページへ