メンバー

冨原 良平

冨原 良平
冨原 良平

2016.03 修士論文

“Mass spectrometric study on the initial study of oxidation processes of cobalt cluster anions”

2014.03 卒業論文

“大気圧下における孤立金属クラスターの化学反応追跡装置の開発”

E-mail

tomihara(a)chem.s.u-tokyo.ac.jp

出身地

静岡県清水市 (現. 静岡市清水区)

好きな場所 醍醐寺の庭園、某所の畦道
好きな元素 Hf, Am
やりたいこと 片付け
悩み いい趣味が見つからない
目標 説得力のある発言ができるようになりたい
今年度の抱負 魅力ある人間になろう

受賞・助成等

公益財団法人吉田科学技術財団 平成30年度国際研究集会派遣研究者 採択 (2018/6/8)

ISMPC17 Award for the best poster 受賞 (2017/8/16)

一般財団法人丸文財団 平成29年度国際交流助成 採択 (2017/6/21)

平成29年度笹川科学研究助成 採択 (2017/4/21)

第6回CSJ化学フェスタ 化学人材育成プログラム支援 受給 (2016/11/14)

ナノ学会第14回大会 Young best presentation award 受賞 (2016/6/15)

平成26年度フォトンサイエンス・リーディング大学院(ALPS) 採用 (2014/9/1)

論文

  1. Collision-Induced Dissociation of Undecagold Clusters Protected by Mixed Ligands [Au11(PPh3)8X2]+ (X = Cl, C≡CPh)

    Ryohei Tomihara, Keisuke Hirata, Hiroki Yamamoto, Shinjiro Takano, Kiichirou Koyasu, and Tatsuya Tsukuda*
    ACS Omega, 3 (6), 6237-6242 (2018).

  2. Observation and the Origin of Magic Compositions of ConOm Formed in Oxidation of Cobalt Cluster Anions

    Ryohei Tomihara, Kiichirou Koyasu, and Tatsuya Tsukuda*
    J. Phys. Chem. C, 121 (20), 10957-10963 (2017).

解説・総説

  1. コバルトクラスター負イオンの酸化過程におけるConOmの魔法組成の出現とその起源

    冨原 良平, 小安 喜一郎, 佃 達哉*
    ナノ学会会報, 16 (1), 7-13 (2017).

発表・講演

  1. "Ir酸化物クラスター負イオンのイオン移動度測定:酸化の進行に伴う構造モチーフの転換",
    冨原良平, 永田利明, Wu Jenna W. J., 小安喜一郎, 中野元善, 大下慶次郎, 美齊津文典, 佃達哉, 第12回分子科学討論会, 福岡国際会議場, 福岡, 2018年9月. (ポスター)

  2. "Collision-induced dissociation mass spectrometry on the gold clusters protected by mixed ligands, [Au11(PPh3)8X2]+ (X=Cl and C≡CPh)",
    R. Tomihara, K. Hirata, H. Yamamoto, S. Takano, K. Koyasu, T. Tsukuda, The 19th International Symposium on Small Particles and Inorganic Clusters (ISSPIC-XIX), Hangzhou, China, 2018 August. (Poster)

  3. "In-source Collision Induced Dissociation Measurement of Undecagold Clusters [Au11(PPh3)8X2]+ (X=Cl,C2Ph)",
    Ryohei TOMIHARA, Hiroki YAMAMOTO, Shinjiro TAKANO, Kiichirou KOYASU, Tatsuya TSUKUDA, Asian Symposium on Nanoscience and Nanotechnology 2018 (ASNANO2018), Tokyo, Japan, 2018 May. (Poster)

  4. "Collision induced dissociation of phosphine-protected gold clusters, [Au11(PPh3)8X2]+ (X=Cl, C2Ph)",
    Ryohei TOMIHARA, Hiroki YAMAMOTO, Shinjiro TAKANO, Kiichirou KOYASU, Tatsuya TSUKUDA, The 98th CSJ Annual Meeting, Nihon University, Chiba, 2018 March. (Oral)

  5. "配位子保護金属クラスターのインソース衝突誘起解離",
    冨原良平, 高野慎二郎, 山添誠司, 小安喜一郎, 佃達哉, 第11回分子科学討論会, 東北大学, 宮城, 2017年9月. (ポスター)

  6. "In-source CID measurement of thiolate-protected gold clusters",
    Ryohei Tomihara, Shinjiro Takano, Seiji Yamazoe, Kiichirou Koyasu, Tatsuya Tsukuda, International Symposium on Monolayer-Protected Clusters 2017 (ISMPC17), Monte Verità, Ascona/Switzerland, 2017 August. (Poster)

  7. "Detection and characterization of surface oxidized cobalt clusters",
    Ryohei TOMIHARA, Kiichirou KOYASU, Tatsuya TSUKUDA, The 97th CSJ Annual Meeting, Keio university, Kanagawa, 2017 March. (Oral)

  8. "酸化コバルトクラスターの安定組成の探索とその構造解析",
    冨原良平, 小安喜一郎, 佃達哉, 第6回CSJ化学フェスタ2016, タワーホール船堀, 東京, 2016年11月. (ポスター)

  9. "高い酸化耐性をもつコバルト酸化物クラスターの探索と構造評価",
    冨原良平, 小安喜一郎, 佃達哉, 第10回分子科学討論会, 神戸ファッションマート, 兵庫, 2016年9月. (ポスター)

  10. "耐酸化性コバルト酸化物クラスター負イオンの生成とその構造評価",
    冨原良平, 小安喜一郎, 佃達哉, ナノ学会第14回大会, 北九州国際会議場, 福岡, 2016年6月. (ポスター)

ページの先頭へ