メンバー

林 峻

林 峻
林 峻

2014.03 卒業論文

“ポリニオブ酸クラスターの合成と触媒応用”

E-mail

shunhayashi(a)chem.s.u-tokyo.ac.jp

出身地

埼玉県川口市

好きな元素 ニオブ
好きな食べ物 唐揚げ、皿うどん
挑戦したいこと 富士山登山
気になっていること メッツコーラの効果
今年度の抱負 適度な運動、野菜を食べる

受賞等

第98春季年会 学生講演賞 受賞(2018年3月)

第38回触媒学会若手会夏の研修会 優秀口頭発表賞 受賞 (2017年8月)

平成29年度 触媒学会 若手研究者の海外渡航費用助成 採用(2017年5月)

日本学術振興会特別研究員(DC2) 採用 (2017年4月)

平成26年度統合物質科学リーダー養成プログラム(MERIT) 採用 (2014年9月)

論文

  1. Doping a Single Palladium Atom into Gold Superatoms Stabilized by PVP: Emergence of Hydrogenation Catalysis

    Shun Hayashi, Ryo Ishida, Shingo Hasegawa, Seiji Yamazoe, and Tatsuya Tsukuda*
    Top. Catal. 61, 136-141 (2018).

  2. Lewis Base Catalytic Properties of [Nb10O28]6– for CO2 Fixation to Epoxide: Kinetic and Theoretical Studies

    Shun Hayashi, Seiji Yamazoe*, Kiichirou Koyasu, and Tatsuya Tsukuda*
    Chem. Asian J. 12, 1635-1640 (2017).

  3. Hydrogen-Mediated Electron Doping of Gold Clusters as Revealed by In Situ X-ray and UV-Vis Absorption Spectroscopy

    Ryo Ishida, Shun hayashi, Seiji Yamazoe, Kazuo Kato, and Tatsuya Tsukuda*
    J. Phys. Chem. Lett. 8, 2368-2372 (2017).

  4. Application of group V polyoxometalate as efficient base catalyst: a case study of decaniobate cluster

    Shun Hayashi, Seiji Yamazoe, Kiichirou Koyasu, and Tatsuya Tsukuda*
    RSC Advances 6, 16239-16242 (2016).

発表・講演

  1. "Base Catalytic Application of [Nb10O28]6- to CO2 Fixation to Epoxide: A Kinetic and Theoretical Study ", Shun Hayashi, Seiji Yamazoe, Kiichirou Koyasu and Tatsuya Tsukuda, ASNANO2018, Tokyo, Japan, 2018 May. (poster)

  2. "多価アニオン金属酸化物クラスターの塩基触媒作用", 林峻, 佐々木直人, 山添誠司, 佃達哉, 第121回触媒討論会, 東京大学, 東京, 2018年3月. (口頭発表)

  3. "CO2 Fixation to Epoxide Catalyzed by Decaniobate Cluster [Nb10O28]6-: A Kinetic and Theoretical Study ", Shun Hayashi, Seiji Yamazoe, Kiichirou Koyasu and Tatsuya Tsukuda, The 98th CSJ Annual Meeting, Chiba, Japan, 2018 March. (oral)

  4. "パラジウム1原子ドープによるPVP保護金クラスターの水素化触媒作用の向上", 林峻, 石田暸, 山添誠司, 佃達哉, 第120回触媒討論会, 愛媛大学, 愛媛, 2017年9月. (口頭発表)

  5. "Base Catalytic Activity of Decaniobate Cluster [Nb10O28]6-", Shun Hayashi, Seiji Yamazoe, Kiichirou Koyasu and Tatsuya Tsukuda, 8th International Symposium on Acid-Base Catalysis, Rio de Janeiro, Brazil, 2017 May. (oral)

  6. "Base Catalytic Activity of [Nb10O28]6-: Fixation of CO2", Shun Hayashi, Seiji Yamazoe, Kiichirou Koyasu and Tatsuya Tsukuda, NTU-SNU-UTokyo Chemistry Symposium, Tokyo, Japan, 2017 January. (poster)

  7. "デカニオブ酸[Nb10O28]6-を触媒とする二酸化炭素固定化反応", 林峻, 山添誠司, 小安喜一郎, 佃達哉, 第118回触媒討論会, 岩手大学, 岩手, 2016年9月. (口頭発表)

  8. "デカニオブ酸[Nb10O28]6-の塩基触媒作用:対カチオン効果", 林峻, 山添誠司, 小安喜一郎, 佃達哉, 日本化学会第96春季年会, 同志社大学, 京都, 2016年3月. (口頭発表)

  9. "デカニオブ酸[Nb10O28]6-の塩基触媒作用における対カチオンの効果", 林峻, 山添誠司, 小安喜一郎, 佃達哉, 第117回触媒討論会, 大阪府立大学, 大阪, 2016年3月. (ポスター発表)

  10. "デカニオブ酸[Nb10O28]6-の塩基触媒作用", 林峻, 山添誠司, 小安喜一郎, 佃達哉, 第116回触媒討論会, 三重大学, 三重, 2015年9月. (口頭発表)

  11. "Base Catalytic Activity of [Nb10O28]6- Cluster", Shun Hayashi, Seiji Yamazoe, Kiichirou Koyasu and Tatsuya Tsukuda,ISMPC 15, Yamanashi, Japan, 2015 July. (poster)

  12. "デカニオブ酸[Nb10O28]6-の塩基触媒としての応用", 林峻, 山添誠司, 小安喜一郎, 佃達哉, 第114回触媒討論会, 広島大学, 広島, 2014年9月. (ポスター発表)

  13. "Base Catalysis of [Nb6O19]8- and [Nb10O28]6-", Shun Hayashi, Seiji Yamazoe, Kiichirou Koyasu and Tatsuya Tsukuda, ISSPIC XVII, Fukuoka, Japan, 2014 September. (poster)

  14. "ポリニオブ酸クラスターの塩基触媒作用", 林峻, 山添誠司, 西垣潤一, 小安喜一郎, 佃達哉, ナノ学会第12回大会, おうばくプラザ, 京都, 2014年5月. (ポスター発表)

  15. "[Nb6O19]8-クラスターの構造評価と触媒応用", 林峻, 山添誠司, 西垣潤一, 小安喜一郎, 佃達哉, 日本化学会第94春季年会, 名古屋大学, 愛知, 2014年3月. (口頭発表)

ページの先頭へ